08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

MODE-MODE-MODELS ~ガンプラブログ~

ガンプラ製作記と完成品ギャラリー

 

同時多発進行 その2 

どーもです!







さてさて、ダハックがササっと進んでいますが




それと同時多発でこれも進行しております!





IMG_2838.jpg
そうです、V2アサルトバスターです!



Vガン好き(いつからだw)としては
V2アサルトバスターは作らねば!と思っていました。






以前に作ったV2ガンダムがありますので
そちらをベースに新規追加パーツをつくっていこうかと。






そのまま取り付けるだけだと
アーマーに着られた感じになってしまうので

・胴体
・モモ
・足首
・足

でそれぞれ延長工作をしております。



それが上の写真なんです。






ははは、もう加工済みなんですww









ちなみに、あまりパーツを組み合わせて作れたV2ガンダムがあるので
比較として並べて撮ってみました。

IMG_2834.jpg

どうでしょう?


だいぶスタイルが良くなったように感じます。
アーマーをつけてもゴテゴテしてない感じ。


IMG_2833.jpg

足を延ばすだけでもいいかもしれないですけど
延ばせば延ばすほど、胴の短さが際立ってきたので
胴体も延長に至りました。






本体プロポーションはこれくらいにして
追加パーツのディテールを彫り込んでいきます!






それでは!


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
2つのブログランキングへ参加しています。
下のアイコンをポチッとクリックしてくださるとこのブログのランキングが上がります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村

模型・プラモデル ブログランキングへ
※選択したサイトに移動するだけです。

ご協力、よろしくお願いいたします^^

Category: V2アサルトバスター

tb 0 : cm 14   

HGUC クロスボーンガンダムX-1 

どーもです!



最初に。。


本日は3月11日。
あれから4年も経ったのですね。
まだまだ東北は復興真っ只中。

そういう環境化にあるので
だんだんと良いニュースが増えてきたようにも思いますが
知らされてないだけで、水面下ではまだまだ重い現実もあるかもしれません。

一度自分の目で確かめてみたいですね。


一年に一度でもいいから、こうやって想いを新たにする日があるのはいいことです。
ワタシは親戚が神戸にいるので、年に2回想いを新たにしています。










さてさて、
お待たせしました。


久々の完成品紹介です。



完成すると満足してしまって
写真を撮るところまでいかないんですよねw


撮影ブースを用意するのもけっこう手間がかかったりして。




と、愚痴はさておき。

さっそくいってみましょう!

DSCN5283-1.jpg





クロスボーンガンダムX-1。


コスモバビロニア建国戦争で活躍した主人公、シーブック・アノーが乗る機体です。


ガンダムF91が作品の中で一番好きなのと(ハッピーエンドだし、歌もいいしね)
シーブックが好きっていうのも相まって

・クロスボーンバンガードで戦っている
・格闘メインの武装が多い機体



かなり上位に来る、『好き』なモビルスーツのひとつであります。




今回はプロポーションを少し弄る程度で
出来るだけ元のデザインの良さを生かす方向で作成しました。
DSCN5258.jpg
DSCN5259.jpg

モモの接続方法変更と、モモの延長。
そして各部バーニアのディテールUPを中心に作成しています。





ぐるっと一周、舐めるようにご覧くださいw
DSCN5260.jpgDSCN5261.jpgDSCN5262.jpgDSCN5263.jpg










さて、ここからは各部のアップを紹介していきます。




まずは上半身。
DSCN5268.jpg



頭部はおでこの髑髏の上にある、白い部分にモールドを彫って
ダクトがあるように加工。

アンテナは削り込んでシャープ化しました。

マスクやホホのモールドも彫り込んで、立体感を強調。

首横のバルカンは、クロスボーン魔王の首横パーツをコンバートしてきました。


左のグー手はジャンクパーツの手を組み合わせて、スキマの埋まったグー手を作っています。


胴体のフィンは下から削り込んで、うすうす攻撃をしました。
角度によってはフィンの薄さが感じられると思います。




胸のクロスボーンマークは付属のシールをそのまま使っています。
意外と違和感無いですね。



肩はバーニアを市販パーツに交換した意外は無改造。
(後ハメ加工だけしています)









続いて下半身!
DSCN5270.jpg

フロントアーマー・サイドアーマーにはモールドを彫って
情報量のアップを図りました。




モモは2mmほどプラ板でスペーサーをかませつつ延長。

それと、股関節の接続方式を軸接続からボールジョイント形式に変更。

モモにあった突然な感じのする可動のための分割線を
きれいさっぱり無くしました。



つま先もプラ板で2mmほど延長して、足を大きく見えるように調整しています。








背面
DSCN5272.jpg

X-スラスターの基部に近い部分にある
シリンダー状のパーツは切り落とし、
シンチュウパイプとアルミ線で作成しました。


瞬間接着剤なので、激しく動かすとポロリしちゃいます(汗)



分割して塗り分けした意外は、特に手を入れていない箇所です。







以前製作記事にも載せましたが
コイツで一番気になった、ひざを曲げたときの違和感は
色を塗ったことでほとんど解消されています。
DSCN5273.jpg

自然な曲がり具合になりましたね^^











次に武装を紹介していきます。
ちょっとオミットした武器もあるんで…すみませんw







まずはビームザンバー。
DSCN5274.jpg

俗に言うビームサーベルですね。
海賊が持っているような曲刀の形をしていますが、名前は『斬馬刀』が由来だそうです。


先端を少し削ってシャープ化しています。









ブランド・マーカー
DSCN5275.jpg

腕部のフレームを展開させることで、グローブのように持ち
そこからビームを出力する装置。


なんか中2っぽい武器ですごく好きです。コレw
武器が無くなって万事休す!の時の隠し玉みたいなw




ブランドマーカーは出力を上げて、ビームシールドとしても使用できます。
DSCN5276.jpg






バスターガン
DSCN5277.jpg



これまた海賊らしいピストルをイメージした武器。

ガンダムの持つビームライフルのなかでは小ぶりなほうですね。





ちなみに、ビーム・ザンバーとバスターガンを合体させると
ザンバスターという武装を作ることが出来ますが


持ち手の調整が難しかったり、接着してしまったりしているのでオミットします。
あと、ヒートダガーもオミット。







形状はちょっと違いますが、平手も準備して、表情つけができるようにしました。
DSCN5264.jpg



あんまり使わなかったけどね。。





カラーリングですが

ホワイト …Mr.カラー クールホワイトGXにガイアカラーの071番を調色。
赤     …MS サザビーレッド
関節   …Mr.カラー ジャーマングレー
ブルー  …Mr.カラー フタロシアニンブルー(うろ覚え…)
イエロー …Mr.カラー キアライエロー

そのほか、ガンメタル・ライトガンメタル・シルバー・MSジオングレーで部分塗装。







以下ポーズ集でございます!
いろんな角度から見ると少しずつ粗が見えますがご勘弁を!
DSCN5279.jpg

DSCN5280.jpg

DSCN5281.jpg

DSCN5285.jpg

DSCN5282.jpg

DSCN5284.jpg

DSCN5286.jpg






以上、クロスボーンガンダムX-1でした!
DSCN5283.jpg

1/144サイズでの15メートル級のモビルスーツも充実してきましたね!
小さいサイズだけど、好きだからこそけっこうな速さで完成まで持って行ったと思います。

この作品、マンガだけなので
アニメでガシガシ動くクロスボーンを見てみたい気もしますねー。




フルクロスはやりすぎな印象があってあまり好きではないので、
作るかどうかは微妙ですが…。

ただし、
X-2、X-3が出たら作ると思います!
(ちょっと間隔は開けてほしいですけどね^^;)









さてさて、
次回の完成品予告は
『ライトニングガンダム フルバーニアン』
です!


それでは!








☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
2つのブログランキングへ参加しています。
下のアイコンをポチッとクリックしてくださるとこのブログのランキングが上がります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村

模型・プラモデル ブログランキングへ
※選択したサイトに移動するだけです。

ご協力、よろしくお願いいたします^^

Category: クロスボーンガンダムX-1

tb 0 : cm 8   

【製作記】 HGUC クロスボーンガンダムX-1 その3 

どーもです!







本日はクロスボーンガンダムX-1改造の補足です。












以前ちょろっと言った、ヒザ関節の違和感。




kicksnareはガンプラも出来るだけ可動が広くなるように意識はしていて
(結果伴わないことも多々ありますがw)
関節を動かしたときのプロポーションにも気を使います。

今回はヒザ部分に目が行ってしまったので
その違和感を解消するべく、工作を行っていきます。





最初キットを素組んだ状態がこれ。
(改造してしまったので、クロスボーン魔王で)
IMG_1988.jpg

気にならない人は気にならないとは思いますが
自分はこの矢印で示した部分が
妙にスキマになってしまっていて、気になりました。

横から見て楔上に欠けているので
シルエットがパツンと切れている感じ。





ちょっと角度を変えてみてみると
IMG_1989.jpg

ヒザの部分に妙に空間が空いているような感じが。
これを改造で解消していきました。







主にプラ板で製作。
可動範囲の拡大をしつつ、
可動範囲を損なわないようにディテールを追加していきます。

面をひとつ削るごとに
プラ板1枚貼るごとに
一回ずつ組み立てて可動を確認していきます。









それで出来上がったのはコレです。
IMG_1983.jpg


ただただプラ板を盛っただけですが
それだけでもスキマ感は解消されたように思います。


ヒザの下のほうにもプラ板を貼っています。
(写真で言う、ヒザアーマーの少し上の部分ですね)
足を曲げたときにヒザのラインが直角になり過ぎないように
緩和させる目的です。





角度をちょっと変えて
IMG_1982.jpg



プラ板を盛った分ヒザ関節を削っているので
ちょっと空間が出来ますが
それでもヒザの違和感よりはいいと判断しました。







比較画像
IMG_1-983.jpg



ほんのちょっぴりですが
可動範囲も拡大されているのがわかるでしょうか!








製作に余裕があれば
動かしたときの関節の出方にも気を配ってみることを
オススメします!





ここまでやっていますが
ディスプレイして飾るときは素っ立ちなんですけどねww





それでは!


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
2つのブログランキングへ参加しています。
下のアイコンをポチッとクリックしてくださるとこのブログのランキングが上がります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村

模型・プラモデル ブログランキングへ
※選択したサイトに移動するだけです。

ご協力、よろしくお願いいたします^^

Category: クロスボーンガンダムX-1

tb 0 : cm 4   

【製作記】 HGUC クロスボーンガンダムX-1 その2 

どーもです!




前回に引き続き、クロスボーンガンダムの製作記事です。






ほぼほぼ加工は完了していますw
こんな感じになりました。



DSCN4612.jpg

前回からの記事とそこまでプロポーション変更とかはなく、
細かい部分のディテール調整などをしていました。







脚が長いのでカトキデザインに近くなった感じがして
個人的にはバッチリです。










DSCN4615.jpg


肩部分にはディテールアップパーツを埋め込み
ディテールアップパーツも開口して情報量を上げています。




胸部のモールドも彫り足し&追加でバージョンアップ。







1/144サイズですが、元のサイズが小さいので
モールドには気を使います。





あまりモールドを入れすぎると
情報過多になってしまうような気がして。。。






控えめにモールドを追加がキモだと思って進めてました。












DSCN4614.jpg

脚部は目立つところはそんなに弄っていません。


ヒザ関節を曲げたときのシルエットが
曲がるというか、パカッと折れてしまった感じがして
個人的に気持ち悪かったので、その調整をしています。
(写真撮るの忘れたw)








腰アーマーに少し彫り足したのと、
くるぶしの部分のアーマーが
のっぺりしていたので、そこにモールドを足した程度。








左手首は武器を持っていないと、穴が目立つので
ジャンクパーツのグー手を移植して、握りこぶしっぽく加工。
遠目から見たらわからない感じになっていると思います。


ジャンクパーツから、アクションポーズ用の平手もピックアップしておきます。








DSCN4617.jpg

背面。


X-スラスターの基部に近い部分にある
シリンダー状のパーツは切り落とし、
シンチュウパイプとアルミ線で作成します。










足首の裏側はつるっとしているので
こちらにもプラ板と彫りでディテールを追加。








補足でシリンダーとヒザ関節の記事をアップしたら
塗装作業に移行できそうです^^








新年早々から作業は順調!











それでは!





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
2つのブログランキングへ参加しています。
下のアイコンをポチッとクリックしてくださるとこのブログのランキングが上がります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村

模型・プラモデル ブログランキングへ
※選択したサイトに移動するだけです。

ご協力、よろしくお願いいたします^^

Category: クロスボーンガンダムX-1

tb 0 : cm 6   

【製作記】 HGUC クロスボーンガンダムX-1 

どーもです!







いやぁ…





一応いろいろ進んでるんですけどね。。







更新できずすみません。。








グリモアとライトニングはデカール貼りがこの3連休で弾着しそうでして
トップコートのあと組み上げといった感じになりそうです!



少々お待ちを。









そんで今回。




今年一発目の製作記は
HGUCクロスボーンガンダムX-1です!







年末におもむろに改造し始めて
本格的に進みだしたのがこのX-1でした。


IMG_1912.jpg

改造は控えめで、
クロスボーンの少し幼児体型気味だった部分を解消する工作をしています。








一度、脚部の延長改造中にパーツが折れ
中座していましたが、クロスボーン魔王さまがイケニエとなり
製作再開です。






右モモが違う成形色になっているのが
おわかりだろうか…w











IMG_1915.jpg

肩のバーニアは開口して
ディテールアップパーツを取り付け出来るように調整中。




首元のビームサーベルは開口してビームが出やすそうな(?)感じに。











IMG_1914.jpg

胸部のフィンは削りこんで
各部独立しているようにみせかけ。





二の腕の放熱フィン部分も地味に削り込んでいます。













IMG_1913.jpg

先ほどもチラッと書きましたが
モモを延長。
2.0mmくらい延長されています。
合わせて、ヒザ関節を後ハメ加工できるように調整。
(この作業中に破損しましたw)






股関節の接続方式を軸接続から
ボールジョイント形式に変更。

モモにあった突然な感じのする
可動のための分割線を
きれいさっぱり無くしました。








つま先はシュッとしていてあんまり好きな感じではなかったので
アルテコとプラ板でちょっと盛り上げています。






基本工作はこんな感じで、ゆるくスタートです。





各部のディテールアップに移行していきます!






それでは!
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
2つのブログランキングへ参加しています。
下のアイコンをポチッとクリックしてくださるとこのブログのランキングが上がります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村

模型・プラモデル ブログランキングへ
※選択したサイトに移動するだけです。

ご協力、よろしくお願いいたします^^

Category: クロスボーンガンダムX-1

tb 0 : cm 4