01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

MODE-MODE-MODELS ~ガンプラブログ~

ガンプラ製作記と完成品ギャラリー

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

製作記事 HGUC陸戦型ジム ① 

どーもです!


2月は製作記事が順調に進んでいます。
kicksnareです。



先日のヴィダールに続きまして
まぁまぁ進んでいるキットの進行状況をお伝えしていきたいと思います。






今回からはこちら

『陸戦型ジム』です!




パチ組み状態がこちら。
IMG_0416.jpg 
ネットやレビューなどでは結構な言われようですが
個人的にはそこまでイヤな感じはしませんでした。

パッと見敬愛する瀧川虚志氏の描くジムを想起させたので
むしろいい感じ。



ただ、kicksnare的には
接地性が悪くて、腰を出したポーズにすると
足首がうまく動かず、足裏が少し浮いてしまうのが気になる感じ。



ここでパチ組みキットを眺めながら
改造ポイントを洗い出しします。


出たのは下記。
・首が短い
・ゴーグルの角度がキツめ。
・胴が短い
・足の関節細い
・バックパックはコンテナに限る
・モールドの調整
・手首を変える

改造ボリュームとしては
結構少ないですね。



というわけで、
積みプラの中から 陸戦型ガンダム地上戦セットを引っ張りだしてきます。
(ごめんなさい、この辺の写真が撮れてないので
 文才のない文章から想像してくださいw)



旧HGUCのバックパックとコンテナをパチ組みし、
いざリヴァイブの陸ジムへ…
と思ったら、バックパックのピッチが違うでやんの。
ピン径は一緒なのに…凸と凹もあっているのに…

2本の径の間隔が違うので差し込むことができませんでした。

なんで、ブーブー言ってても進まないので
手を動かすことに。


3.0mmのプラ棒を背中にさし
バックパックにマジックでアタリをつけ、穴をあけます。

もちろん大体の位置決めなので
リーマーで穴を拡大して調整幅をつくります。


穴径が4.0mmくらいになったところで
背中のプラ棒とバックパックを合わせ、位置調整します。


位置が決まったら瞬間接着剤でプラ棒とバックパックを仮止めし
穴の周りをプラ板で埋める。


プラ棒が抜けないように瞬間接着パテで固定。


こんな感じの作業でくっついたのがコレです。
IMG_0479.jpg 

上下は位置決めが簡単で
左右の位置調整だけで済むので
比較的簡単にできました。


やっぱり陸ジムはコンテナですよね~。




この作業中に胴体の延長も行いました。
IMG_0476.jpg 

作業は簡単。
腰のすぐ上の腹パーツの上に1.0mmのプラ板を貼るだけ。


これでググッと上に伸びるのですぐに身長の延長ができます。
もちろんスキマができますが、そこはディテールを入れて解消します。




最近のガンプラは足が長いので、
胴体が短く見えてしまうんですよね。この陸ジムはまだマシなほうですが。

足が長いことがダメなわけではなく、
足だけ長くて胴体とのバランスが取れていない感じがダメ。

最近のガンプラをいじっていると
無意識にこの改造をしようと考えちゃうので
開発側のデザインが全体的に胴短足長な風潮になっているんですかね。


腹部の延長は結果頭身も上がるので
kicksnareが作るキットみたいなプロポーションが好みの人には
ばっちりの工作だと思います。


ただ、機体によって似合う似合わないがあると思いますので
そこは見極めていくことが大切かも。




それでは、続きの工作は次回へ!




それでは!




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

2つのブログランキングへ参加しています。

 下のアイコンをポチッとクリックしてくださるとこのブログのランキングが上がります。


  にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ


スポンサーサイト

Category: 陸戦型ジム

tb 0 : cm 4   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。