12 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

MODE-MODE-MODELS ~ガンプラブログ~

ガンプラ製作記と完成品ギャラリー

 

写真 撮影するってよ! 

どーもです!

今週末は撮影をしようと思うのですが
ついでに過去作品の中からいくつか撮りたいと思っています!

ブログを読んでいるみなさん
「これを詳しく見てみたい!」
なんぞありましたら、
メールでもコメントでも何でも良いので教えてください~!

よろしくお願いしますっ。
DSCN0737.jpg

DSCN0738.jpg

DSCN0739.jpg

DSCN0741.jpg

DSCN0740.jpg

DSCN0742.jpg

DSCN0743.jpg

DSCN0744.jpg

DSCN0745.jpg

※画像には重複している機体がありますのでご了承くださいね。
※ガンダムMk-ⅤはROBOT魂の完成品です。

なにかしらリアクションがあることを期待しますっ!(切実)

それでは!




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ランキングへの参加 始めました

どれかひとつでもいいので、アイコンをポチッとクリックしてくださると喜びます。

FC2ブログランキング にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへにほんブログ村 ガンプラ ブログランキングへ



Category: 徒然事

tb 0 : cm 6   

【製作記】HGUC V2ガンダム ③ 

どーもです!

HGUCのV2ガンダムをさくさく進めています。
引き続きコイツの加工過程をレビュー。


今回は頭部・ボディ部分の改修です。
まずは頭部
DSCN0879.jpg
フェイス部分を後ハメ加工しました。
トサカ部分のパーツは、どうせ上からシールを貼るので切り取って残しました。

あ、当たり前のように書いてしまっていますが
後ハメ加工とは、文字のとおり、「後からはめても大丈夫」加工のことです。←たぶんw

接着をしてしまうと取り付けられなくなるパーツを、接着した後でも取りつけできるようにする加工です。
これをやっておくと、塗装の工程が楽になります。

さて話を元にもどして。
DSCN0867.jpg
わかりづらいですが、頭部は前後で接着。
このあとヤスリで削って整形しています。

続いて首。
DSCN0880.jpg
ポリキャップが目立つのと、ふらふらして安定しないので、
コトブキヤのバーニアユニットを使用して、首部分を作りました。
ポリキャップにかぶせた後、テキトーにモールド彫りこみ。
太めな首になって、がっしりしましたね。

全体的にモールドを彫り足してから
次はボディの作業へ。

DSCN0856.jpg
先日の素組レビューで書いた、肩関節ポリキャップの埋まりこみ。
これを何とかします。

んで、なんとかしたのがコレ↓
DSCN0868.jpg
中がスカスカだったので、プラ板を貼ってポリキャップのストッパーを作りました。
これで奥まで埋まってしまうことはありません!
(厚みが足りなくて、少しプラ板を貼り足したのは秘密w)

背中のミノフスキードライブは後ハメ加工をして
少しだけモールド足しています。
DSCN0882.jpg

真ん中のウイングは薄くして、シャープさを出しました。
DSCN0875.jpg
写真じゃちょっとわかりにくいですかね…。

それから、下の部分にも大きい肉抜きがあったので、プラ板で埋めました。
DSCN0873.jpg
ちょっと!ピンボケですなw



と、ここまでは順調。

悩むのはこれから。

自分流にしていきたいので
どこにどうやってモールドを彫り足していくか?
どこにプラ板を貼ってディテールを足していくか?

全体のバランスも考えなきゃいけないので、スピードが遅くなるのです。。

とりあえず今日はココまで!

それでは!

Category: V2ガンダム

tb 0 : cm 0   

祝! 10,000HIT 

どーもです!

このたび、

MODE-MODE-MODELS

10,000HIT達成しましたーっ!

DSCN0855_2014012909094991d.jpg

間に合わせの画像ですみません…。。

9月から細々と始めたこのブログですが
約5ヶ月で、のべ1万人の方が見てくださいました!

ライブに置き換えると
幕張のイベントホールが1フロアパンパンに埋まるくらい。
そこらへんでライブが出来るアーティストと肩を並べてるんですね←無理矢理

スゴイすね!w

何はともあれ
ココまでこれたこと
皆様には本当に感謝です。

たぶん、アクセス増えてなかったらがんばれませんでした。

そういや、グループ魂の曲に
ブログのカウント数が3件だったから、ブログやめてやる!
みたいな内容の曲あったなぁw

10,000HITも通過点にすぎません!
これからも良質な作品を作って
より多くの方に見てもらえるようにがんばっていくので
楽しみにしていてください!

よろしくお願いいたします。




Category: ごあいさつ

tb 0 : cm 0   

【製作記】HGUC V2ガンダム ② 

どーもです!

先日に引き続きV2ガンダムの作業です。

今回は腕と脚の作業。

脚は前回延長したので、脚の下部分アタリを加工します。
DSCN0862.jpg
スネのパーツは接着して、合わせ目を消す加工をしました。
接着で甘くなってしまったモールドは彫りなおし。

くるぶしまわりのパーツは切断して
両サイドの装甲だけ、スネパーツのほうに取り付けしました。
これは雑誌のホビージャパンからアイデアを頂戴しましたw

スネとくるぶしの間に出来ていた
妙なスキマがなくなっていい感じです。


この後は全体のバランスを見て、モールド追加するかを考えますので、とりあえずこのままで。



続いて腕。
DSCN0872.jpg
ヒジのパーツは瞬間接着材でスキマを埋めています。
埋めた上からモールドを彫りなおし。

ヒジ後ろの赤いパーツには大きい肉抜きが2箇所。
DSCN0869.jpg
DSCN0877.jpg
それぞれプラ板と瞬間接着材の併用で埋めました。

手は後ほどビルダーズパーツHDに換装したいと思っています。

肩アーマーは悩み中。
真ん中の可動する部分の処理をどうするか…。
後ハメ加工するか、先に塗ってマスキングするか。
後者のほうが楽そうだなー。

とりあえずまだ未定なので、モールドだけ彫りこんでおきましたw
DSCN0871.jpg

今回はここまで。

次は胴体やアタマの改修です!

それでは!

Category: V2ガンダム

tb 0 : cm 0   

【製作記】HGUC V2ガンダム ① 

どーもです!

購入してからV2ガンダムばっかり作業をしています。kicksnareです。

改造しがいがあるのと、思ったよりも楽しく進められているので
勢いにのってこのままやってしまおうかと!

いつも一気にやってしまうので
今回はちょっと細切れに情報更新していきたいと思います。

前回撮った画像から。
DSCN0848.jpg
正面から見るとわかるのですが、脚の付き方がなんとなく変。
腰~モモのラインがつながっていないので、少し頼りなく見えてしまいました。

あと、脚が短いですね。
ネットの評判は良いようですが、個人的には脚が長めのほうが好きなので
延長の加工をしていきます。

股間節周り
DSCN0863.jpg
中の関節パーツを2つに切って、下方向に1mm下げ。

DSCN0865.jpg
モモの上部にプラ板を貼って、1mmほど延長しました。
写真では見えないですが
ひざとスネの間にもプラ板を貼り、こちらも1mmほど延長。

そして、腰とのラインをつなげるべく、脚を取り付ける軸のパーツも切り
プラ板を貼って左右1mmずつ外に広がるように加工。

これらの加工を行って、写真を撮ってみたのがこの画像。
DSCN0848_20140127123228798.jpg
前回の写真と比較出来るようにしてみましたが、角度が違って見にくいですね(^^;

脚の付き方の違和感は解消されました。

そして脚自体は修正前と比べると
合計3mmくらい長くなりました。

股間節を延ばしてしまったので、外装パーツが短くなってしまいました。
DSCN0864.jpg
フロントスカート・中央腰パーツに1mmプラ板を貼り延長。
色つきのプラ板を使ったので、どこを切って延長したのか良くわかりますねw
フロントスカートは外側をほんの少しだけ大きくしています。

腰のサイドアーマーも、プラ板0.5mmを貼って厚み出し&肉抜き埋め。


今回はここまで!

次回は手足の加工に移行します。

それでは!

Category: V2ガンダム

tb 0 : cm 2   

HGUC V2ガンダム レビュー (素組みレビュー) うーん…。 

どーもです!

昨日早速ゲットしてきたHGUC V2ガンダムの素組レビューです。
(素組とは、なんの加工もせずただ組み立てただけの状態です。)
とはいうものの、少し時間があったので
一部スジ彫り加工をしたり、表面処理を始めていますのでご了承くださいw


それでは早速いってみましょう。

※ちなみに今回「うーん…」というポイントがいくつかあります。

●前面・背面
DSCN0849.jpg
DSCN0850.jpg
うむ。カッコイイです。w

Vガンダムのリリースから、そこまで時間を空けずに
後継機のV2ガンダムが発売。
ヨドバシカメラで1,010円なり。

●正面から
DSCN0848.jpg
顔は好みのつくり。

正面から見ると、いろいろ気になる部分が出てきます。

ここのバランスおかしいなー、とか
こうしたらよくなりそうだなー、とか。

この正面からの画像を元に
たまにフォトショップのような画像編集ソフトで
プロポーションの修正をシミュレーションしたりもします。

ちなみに腕とスネは接着処理済み。
フロントスカートにはモールドを入れています。


●可動範囲
DSCN0852.jpg
腕の可動は、もとの形状を考えると
ここまで曲がるのであれば優秀な部類だと思います。

DSCN0855.jpg
肩部分は
関節パーツが肩アーマーの中に入っていることもあり、大きく上に上がります。
ガンダムF91と似たような方式ですね。
ただ、可動させたあとのスキマがちょっと目立つかな…。

DSCN0853.jpg
脚の可動も優秀。
中の間接は立った状態ではあまり見えないのに
曲がるときにずいぶん出しゃばってくる状態。
つま先も可動します。
モモにはモールドを追加しました。

DSCN0854.jpg
腰部分も最近のガンプラよろしく
ボールジョイントが二重についており、大きく前に曲げることが出来ます。

が、
今回ボールジョイントの保持がとってもゆるいです。
ポーズを取らせようと思うとすぐに腰から外れます。
久々にイライラするポイント。
個体差なんでしょうか…。

そしてイライラポイントその2
DSCN0856.jpg
肩関節のポリキャップが奥まで埋まってしまいます。
しかもゆるい。
先ほど紹介した肩のジョイントパーツを動かそうとすると
さきにポリキャップが動いてしまい
ポーズをつけるのに難儀します。

●武器・付属品
ビームライフルは換装式。
DSCN0859.jpg
連装式グレネード・ランチャーを取り外しできます。
ちなみに、手首カバーを外さないと持たせられません。
ちょっとめんどいw

付属品
DSCN0858.jpg
Vガンダムと同じように、V2コア・ファイターが付属。
ビームシールド・ビームサーベル関係はVガンダムのものと同じかと思います。

ここで最後のイライラポイント
DSCN0857.jpg
ビームサーベル類をグリップに差し込むのですが、これがまたユルユルです。
ひっくり返すとすぐポロッと落ちてしまいます。



**

今回はイライラポイントが3つも発生しました。
もちろん、製品には多少のバラつきもあるので
全部がそうだとは言い切れませんが、全部が同じ可能性もゼロではないです。

自分はこれから加工してしまうので気にしませんが
素組みで遊ぶ派の人は注意が必要かもしれません。

パッと見の出来はすごくいいのに
イライラポイントが見つかってしまうだけで魅力が下がってしまいますね。

ここらへんの改修も含めて
V2ガンダムを加工していきたいと思います!

それでは!

Category: V2ガンダム

tb 0 : cm 2   

HGUC ジェスタ 

どーもです!

今週はマメに更新していきますよ!

続々完成品も出来上がっているし
新商品も出ていますし!


てなわけで、撮りためたものの中から
本日は
HGUC ジェスタ
です。

DSCN0057-1.jpg
ジェスタは『機動戦士ガンダムUC』に登場した、ジェガンの上位機種。
ジェガンの上位機種ということは、宇宙世紀系のジム系モビルスーツでは最強?
Vガンダムのゴーグル系よりかは、はるかに強そうですよね。
ユニコーンガンダムの護衛機として開発されたそうな。

全身
DSCN0049.jpg

俯瞰から
DSCN0054.jpg
ミリタリー感満載です。
緑系で塗ったら陸戦型ジェガンみたいになるんでしょうか。
パトレイバーにこれと似たような機体いましたよね。

背面です。
DSCN0060.jpg
可動式のシールドがぐっと来ます。個人的に。
右腕にはデルタプラスのジャンクパーツを貼り付けてデザイン変更しました。

ぐるっと一周しますよ~。
DSCN0050.jpgDSCN0051.jpgDSCN0052.jpgDSCN0053.jpg

上半身をメインに撮影
DSCN0055.jpg
肩のキャノンはロトのキャノンを使っています。
ほぼ無改造で取り付けられました。


出撃!的なかんじで。
DSCN0057.jpg
基本はプラ板の貼り付け工作。
たまにジャンクパーツ。

肩部分にはMG Vガンダムのジャンクパーツを貼り付けてあります。
スネにもジャンクパーツをつけたんですが、なんのジャンクパーツだか思い出せませんw

スジ彫りはしていません。
作った時期がBMCタガネを買う前だったので…。


適当にポーズを何枚か。
DSCN0061.jpg
DSCN0059.jpg
全体的に暗めのカラーリングの中で
オレンジのゴーグルが映えていい感じです。

DSCN0058.jpg
このジェスタは2~3年前に作ったものなので、最小限の改造しかしていないものです。
スジ彫りという技術を覚えた今、作りなおしたいな~と思う機体がたくさんあって困りますね。

個人的にはサザビー・シナンジュ・ZZあたりをリニューアルしたいところ。

ずいぶん先の話になりそうですがw

それでは!!

Category: ジェスタ

tb 0 : cm 0   

【製作記】HGUC ガンダムF91 ② 

どーもです!

HGUCのガンダムF91ですが、現状こんな感じですw
DSCN0804.jpg

加工・表面処理が終わり
塗装も終了。
筆塗りでの部分塗装も終了です!

これからデカールの作業!

デカールが自分の持ち味だとは思っているんですが
なにぶん量がすごいもので
取り掛かるのも億劫ですw

でも、今回はサイズも小さいので
デカールも少なくて済む!(ハズ)

近日組みあがり予定です!

Category: ガンダムF91

tb 0 : cm 0   

HGUC パワードジム 

どーもです!

今回もfgとMGにアップした完成品紹介です。
fgとMGってなんぞや?と思った人はリンクを見てね!
完成品を投稿するコミュニティサイトです。
ちょこちょこ完成品を載せています。

さて、今回の機体はHGUCのパワードジムです。
撮りためていたものをアップしました。
DSCN0085-1.jpg

OVA『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』に登場する地球連邦軍の試作型MS。

物語の最初のほうにちょろっとしか出てきませんが
ジムスキーな自分にとっては

・カスタム機
・ジムゴーグル
・マッシブ

この3つが融合したパワードジムはたまらない素材ですw

全身像。
DSCN0077.jpg
武器のショートガトリングガンは
バンダイのビルドアップパーツを流用。

いつものようにぐるっと1周
DSCN0079.jpgDSCN0080.jpgDSCN0081.jpgDSCN0082.jpg
特にケレンミを効かせた部分は無いですw

とにかくシンプルに作りたいなという思いがあったので
スタンダートな仕上がりになりました。

DSCN0086.jpg
武器はバンダイのビルダーズパーツ システムウェポン005から
ショートバレルタイプのガトリングガンを選択。
合わせ目を消したくらいで、ほぼストレート組みです。

DSCN0087.jpg
手もビルダーズパーツHD MSハンドから。
今回はあえてジオン系のものを使用しています。

手が気持ち大きいので、マッシブなイメージにマッチするかと思ったので。
おもったよりも丸々していない形状だし。

連邦系の手首は若干カクカクしすぎな気もします。

DSCN0088.jpg
頭部アンテナはシンチュウ線に交換。
首周りは一度削って、ディテールアップパーツなどでデコレーションしています。

後ろ姿
DSCN0090.jpg
こちらも大きくはいじらず
抜きの都合でつぶれているデザインを、ディテールアップパーツで復活させたり。
ちょこちょこスジ彫りでパネルラインを追加しています。

DSCN0089.jpg
このデカいバックパックがなんとも力強さを感じさせますね。

足元
DSCN0091.jpg
こちらはほんとにストレート組みに近い。
少しプラ板を貼って、甘いモールドを彫りなおした程度。

や、違った。
足(スリッパ)だけ、HGUCヘイズルのものをコンバートしていましたw

DSCN0083.jpg
こんなところでしょうか。

デカールはガンダムデカールに加えて
通販で買ったジム用のデカールを使っています。
アルビオンのマークデザインがカッコイイですね。

さて、パワードジムはここらへんで終了です。

それでは!

Category: パワードジム

tb 0 : cm 0   

HGUC改造 レッドウォーリア 

どーもです!

今年入って初めての3連休は新年会に結婚式など
イベント盛りだくさんで更新できませんでした!

プラモの進捗もそこそこ。。

今回はfgとMGにアップした レッドウォーリアの完成品紹介です。

DSCN0509-1.jpg

そもそもレッドウォーリアとはなんじゃらほい?という人もいらっしゃるかと思いますが

コミックボンボンに連載された漫画『プラモ狂四郎』に登場した架空のプラモデル
同作の主人公「プラモ狂四郎」こと
京田四郎のフルスクラッチモデル(ベースモデルはバンダイ1/144スケールのガンダムと思われる)であり、
別名「パーフェクトガンダムIII」及び「レッドガンダム」。(wiki抜粋)

コミックボンボン、小さいころの愛読書でした…。
思えば自分のガンプラ愛はボンボンに育てられたといっても過言ではありませんw

そんなレッドウォーリア 全身像です。

DSCN0503.jpg
DSCN0504.jpg

本来の設定のレッドウォーリアとずいぶん違いますね?

そうです。

実はジャンクパーツを寄せ集めて作っているのですからww
もともとオリジナル機体だったレッドウォーリアを
さらにオリジナル機体にしてしまいました。

サムネイル画像でぐるっと一周
DSCN0505.jpgDSCN0506.jpgDSCN0507.jpgDSCN0508.jpg

ジャンクパーツで作っていますので、いろんなキットのパーツを流用していますが
主にHGUCフルアーマーガンダム7号機と
HG ガンダム サバーニャを使用しています。

後は
ダブルオーのアストレアのパーツだったり
ユニコーンのデルタプラスのパーツだったり
コトブキヤのMSGウェポンだったり。

ジャンクで使い道のない子たちを切った貼ったして
ディテールアップの力添えをしてもらってます。
ジャンクなので贅沢ではありませんw

背中のバズーカはアームで接続されており、手に持って構えた風に出来ます。
DSCN0513.jpg
DSCN0512.jpg
あくまで構えた【風】なので、きちんともっているわけではないのです。。

ポーズを撮っていていつも思うのですが
平手ってとても大事ですね。
今度からちゃんと作ろう…。

もちろんライフルも構えられます。
DSCN0511.jpg
DSCN0509.jpg
このライフルはHGUCのジムⅡかジムⅢから持ってきたはず。

右手のシールドユニットからはビームサーベルが。
DSCN0515.jpg
遠めから見るとすごいボリュームになりますね。

DSCN0520.jpg
ビームサーベルがちょっと曲がっているのはご愛嬌。
きっと風に流されたんですよ!←

DSCN0517.jpg
右手の武装、パーフェクトガンダムとかだと
ホントはロケットキャノン砲だった気がするんですが、
格闘専用の武器が必要かと思いましたのでw

手甲タイプの武器に魅力を感じるのは自分だけでしょうかw
いや、戦いづらいですけどね。

後ろ姿も力強さが出せたと思います。
DSCN0522.jpg
背中のビームサーベルは取りづらそうですね。


構想はだいぶ昔からあったものの
寝かしてる期間がだいぶあったため
完成がだいぶ遅くなってしまった機体です。

自分が前の家に住んでいた初期のころに作り始めたものなので
もうすでに3~4年前か!

工作しては放置
塗装しては放置
デカール貼っては放置

放置しっぱなしのレッドウォーリアでした。

でも完成まで持っていったので良しとします!


それでは!


Category: レッドウォーリア

tb 0 : cm 0   

【制作記】HGUC ガンダムアストレイ レッドフレーム ① 

どーもです!

今回はHGUC ガンダムアストレイ レッドフレームの制作記です。
突如作り始めたこの機体。

きっかけは
ガンダムビルドファイターズに出ていた
戦国アストレイ頑駄無のプラモを見てから。

「あ、この脚を普通のにコンバートしたらカッコイイんでないかい?」

と思ったら、こんな感じになりました。
DSCN0470.jpg
まだ絶賛いじり中ですが、脚に戦国アストレイ。
靴はブルーフレームからコンバートしています。

まさかの3個イチww

ちょっと寄りで撮影
DSCN0471.jpg
頭部はホビージャパン付属のカレトヴルッフに付属していたものを使用。
肩はつるつる過ぎたので、スジ彫り&プラ版&ジャンクパーツでディテールアップ。
ヒジの内側はどうやってモールドを入れるか画策中。

下半身を寄りで。
DSCN0474.jpg
左手にはカレトヴルッフを持つ予定です。
2刀流…いや、カタナ2本あるから三刀流か!?
戦国アストレイでメタリックグリーンのシールを貼るはずだった場所は
同じ径のパーツで差し替え。

全体的にモールドは深く彫りこんでます。
この作業をやるとスミ入れの時に劇的に見栄えが変わりますね。

背面から。
DSCN0475.jpg
腰の後ろ部分にはブルーフレームのものをコンバート。
これだけだと情報量が足りないので、モールドを足していく予定。
背面はぜんぜん弄ってないですね。

DSCN0502.jpg
脚部をアップで。
膝の部分は分割位置を変えて、後ハメ加工。

現時点では工作の完成度は60%といったところでしょうか。

HGUC F91とこれを主に制作中です。
ジムⅢはゆっくり作っていきます。

ではまたー。

Category: 製作記

tb 0 : cm 2   

【制作記】HGUC ガンダムF91 ① 

どーもです!

今回はHGUC ガンダムF91の制作記です。

とはいっても、正月中にずいぶん作業をしたため
かなり出来上がっております。

全体像
DSCN0477.jpg
プロポーションはそのままいじらず
各部のディテールアップと、気になるスキマを埋める作業
そしてスジ彫りの作業がいまのところ中心です。
成形の抜きの都合からか、モールドが結構ダルダルなので、
スジ彫りの量がハンパでないです。

上半身UP
DSCN0479.jpg
特にいじったところと言えば
首元にプラ板を貼ってボリュームを出したのと
手首部分に市販のパーツを使って手首カバーを作ったところ。
それと、腰フロントパーツのスキマ隠しくらいです。

胸下のダクトは全部彫りこんだんですが
これが量多いし、きれいに彫れないし苦労しました…。

最近のガンプラって、きれいに彫れない(若干粘り気がある)パーツが増えた気がします。
グレーと黒がそれを如実に感じますね。
なんか素材変わったのでしょうか?
白の成型品の彫りやすさと言ったら!

そんな感じで進めてます。

同時に進めてる、HGUC ガンダムアストレイレッドフレームはまた次回!

それでは!!

Category: ガンダムF91

tb 0 : cm 2   

【完成品】HGUC Vガンダム 

どーもです!

あけましておめでとうございます!

このブログをはじめてから、初の年越しです!

本年もどうぞよろしくお願いいたします!


ここんところ更新できていなかったのですが
アクセスカウンターをみると平均60人くらいの方が
このサイトを見てくださっているようで!

嬉しい限りです♪

今年は常連さんが3ケタを突破するように努めていきたいと思います(目標が低いw)
本年もどうぞよろしくお願いいたします!



さてさて
新年1発目らしく
完成品の紹介から行きたいと思います!

HGUC Vガンダムです。

年末に撮影まで終わっていたのですが
撮る時間がなかなか取れずにやきもきさせましたっ!

【HGUC Vガンダム】
DSCN0486.jpg



まずは全体像!
DSCN0481.jpg
MGのカトキVガンをイメージしたデカール貼りです。

久しぶりの「ぐるっと一周」
DSCN0482.jpgDSCN0485.jpgDSCN0484.jpgDSCN0483.jpg
小さいですが、モールドもしっかり入れたので存在感はばっちりです。

各部を大きめに。
上半身
DSCN0487.jpg
首元はグレーで彩色しました。

腕部
DSCN0489.jpg
肘部分の丸モールドがちょっと薄かったですね。

脚部
DSCN0490.jpg
この長さが気に入らず短く修正している方が結構いらっしゃるみたいですが
むしろこのくらいのほうが、自分は好みです。

背面
DSCN0491.jpg
バーニア部分はガンメタ塗装で質感を変えました。

適当にポーズをいくつか。
あ、ビームシールドは装備可能です。
ビームサーベルは…手首がなくなったので今回撮影できませんでしたw
DSCN0493.jpg
DSCN0494.jpg
次回F91の時は手首もきちんと作成しよう。うん。

DSCN0496.jpg
DSCN0497.jpg
やっぱりライフルだけだとバリエーションが少ないですね。

DSCN0499.jpg
DSCN0501.jpg
モビルスーツが浮遊できるのはF91あたりからでしたね。
こんな小さいバーニアで浮遊できるのか…。

DSCN0500.jpg

以上、HGUC Vガンダムでした。

オールガンダムプロジェクトで実現された、初の15m級のガンダム。
思ったよりもしっかりした作りでした。
F91も良い出来だし、残りのV2も期待できますね。
とにかく、V2が出る前に出来上がって良かったです。


それでは!

Category: Vガンダム

tb 0 : cm 2